神奈川県病院協会を騙った迷惑メールへの対処方針

会員各位

 2019年12月10日より、当協会の名を騙った迷惑メールが一部の病院に送りつけられています。

「偽の請求書などのwordファイル添付」や「本文中のURLの記載」がありますが、

開封、接続するとウイルス感染の可能性があることが判明しております。

 このような状況を鑑み、迷惑メールに係る当協会としての対処方針について、

12月18日の理事会において、次のとおり決定しましたので、お知らせいたします。



2019年12月19日

神奈川県病院協会を騙った迷惑メールへの対処方針

                    公益社団法人神奈川県病院協会 事務局

1 メールによる全会員への一斉周知は行わないことを原則とします。

周知すべきことはホームページに掲載し、必要に応じて閲覧いただく方法に改めさせていただきます。

なお、年内中に、より見やすいホームページにリニューアル予定です。

リニューアルいたしましたら、あらためて、ご連絡いたします。



2 全会員に対する緊急のお知らせは、FAXを使用します。

迷惑メールの発信元として表示されているアドレスは当協会とは無関係のものが多数ですが、

代表メールアドレスが表示されているケースも見受けられます。

そのため、これまで周知に使用してきた代表メールアドレスは削除いたします。

今後、このアドレスから情報発信することはございません。

なお、協会ホームページの「お問い合わせフォーム」はホームページリニューアル後も

引き続き設置いたしますので、連絡の手段としてご活用ください。

会員の皆様方には大変ご不便とご迷惑をおかけいたしますが、ご理解くださるようお願いいたします。

ご不明な点等がございましたら、事務局へご連絡くださるようお願いいたします。

2019年12月19日