当協会の取り組み(要望・調査等)

2021年7月21日 要望書 東京2020大会に関するコロナ患者の受入に係る協力金

  • 東京2020大会の会場所在地の病院団体として、選手や関係者、県民にとって安全安心な大会を開催するために、新型コロナウイルス感染症患者(疑い症を含む)の受入に係る協力金について、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長に要望いたしました。

    【要望事項】
    本県において、新型コロナウイルス感染症患者の受入れを行う医療機関に対しては、大会指定病院であるか否かに関わらず、等しく協力金を交付するよう求める。

    要望書(県病院協会)

2020年9月18日 「国内発生早期における新型コロナウイルス感染症患者受入れ病院への正当な評価と対応について(提案と要望)」

  • 令和2年の年明け早々から、本県をはじめ、北海道、東京、愛知、大阪など先駆的に患者を受入れてきた地域の病院への診療報酬上の対応、措置などは、「年度が替わる前のこと」としてほとんど実施されておらず、一部、神奈川県等が遡っての支援の予算化を検討しているにすぎないことから、神奈川県内での状況を踏まえ、下記1~3について、内閣総理大臣、厚生労働大臣、総務大臣に提案・要望いたしました。

    1 コロナ診療に対する正当な評価に基づく診療報酬を令和2年1月にさかのぼり実施すること
    2 受入れ病院が、感染制御・防止対策のために取り組んだ超過的な負担への支援措置を講じること
    3 先駆的に患者受入れと治療に取組む病院に対し、受け入れ実績に応じて、DPC係数の実効性のある加算を一定期間設定すること

    早期コロナ受入病院要望 PDF 3.3MB

2020年7月16日「院内感染の水際対策として実施するPCR検査に関する要望書」「コロナ感染症下における医療提供体制確保のための支援について(厚労省・財務省・神奈川県)

2020年6月15日「新型コロナウイルス感染拡大による病院経営状況緊急調査 」「新型コロナウイルス感染症への対応に係る診療報酬等に関する要望書」

2020年3月27日 「神奈川モデルに対する意見」

2020年2月19日 「新型コロナウイルス感染症に係る当協会の当面の対処方針」

  • 会員各位 
     2020年2月19日の第10回常任理事会において「新型コロナウイルス感染症に係る当協会の当面の対処方針」を下記のとおり決定いたしましたので、お知らせいたします。

    1 新型コロナウイルス感染症対策本部を設置する。
    対策本部の構成:
    ・会長
    ・副会長全員
    ・地域保健医療対策委員会 公衆衛生担当常任理事

    2 新型インフルエンザ等対策業務計画を一部準用し、当面「国内発生早期」の扱いにより対応する。

    (参考資料)新型インフルエンザ等業務計画 PDF